スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 好事家の蒐集。 | トップ | 侍デクレイヤー(天使侍) >>
デッキ構築論−事故とバランス
下手したら、これをちょっと難しくしたら大学受験レベルの現代文の問題が出来ちゃうんじゃないかって位妙な論文です。ごめんなさい。

1.さあデッキを作ろう!と思い立ったら。

遊戯王は、三枚まで入るカード。準制限カード、制限カードとあります。そこでこのルールを守ってデッキを作ります。制限カードの選択肢は入れるor入れないしかなく、準制限は、入れない、一枚入れる、二枚入れるの三種類の選択が出来、その他のカードは、ルール規約効果でも付いていない限り三枚まで入れることが出来ます。

そこで、今回はデッキ構築における、三枚入れられるカードをどのように入れたら良いかについて私の立ち位置を説明したいと思います。

《注意:以下本当に長くて難しいです。要約すると三枚入れられるカードは三枚入れた方がいいよって事ですが、説明や例外について色々書いてます。また最後に大学入試ばりの問題が付いてます。模範解答もあります。》
2.手札事故の定義と洞察。
三枚入れられるカードを二枚しか入れないと言うことは良く見かけることです。それは、例えば「絶対魔法禁止領域」を二枚ドローしてしまえば、一枚が壊されない限り、特に役に立つことは無く「無駄なカード(死に札)」となってしまいます。このような状況を一般には手札事故と呼び、このような可能性の有るカードを三枚事故を起こしやすいというのはよく聞く意見です。

しかし私は、手札事故とはこのような状況ではないと思います。私は手札事故とは、「1.引きたいカードが来ない事」「2.最序盤に、手札に使えないカードが溜まりすぎて殆ど動けないこと」の二種類のみしかないと考えます。何故なら、「三枚入れたカードを二枚引く」と言うことは、ある程度予期が出来ます。ですが、「二枚入れたカードを一枚引く」という事は難しいからです。

予期するというのはどれだけの意味をなすか?と言うことですが、これは二つのあります。一つは、「デッキ構築の段階で、例えば手札をコストにするカードを入れる事で、死に札をコストにできるようにする。」という事。二つ目に、「デッキの残り枚数からドローしたカードを逆算して(ブラックジャックで言う所の「カード・カウンティング」)次に引くカードを割り出す。といった高等戦術が立てやすくなること。」の二点が挙げられます。

3.可能性の有効性
デッキに三枚入るカードを三枚入れないという意見の中で、よく言われるのが「可能性」という言葉です。「このカードとこのカードを一枚ずつ無いし、二枚入れれば、どんなデッキにも対応できる」と言った意見ですが、私はこの戦術の有効性に疑問を抱いています。

【※1「可能性」】に対しての【※2反駁】として、私はこのように述べたいと思います。「可能性」の実用性。つまり、カードの枚数を減らした上で、さらに特定状況でそのカードをドローすることが出来るのか。という疑問があります。もちろん、「タイムカプセル」や「キラー・トマト」の様なカードを入れることで、ある程度ドローを操作したりすることが出来るのであれば、可能性も有効であると考えます。

故に私は、基本的に三枚入れられるカードは三枚入れるべきであると考えます。もちろん例外もありますが、これに関しては次の章で説明します。

4.三枚と二枚の境界線。
では、どういったところ例外要素・・・三枚、或いは二枚ないし一枚という選択をするべきなのでしょうか。私は、この問題に関して、「発動コスト」「発動必要条件(「カオス・エンド」の七枚以上除外されているというような条件。)」でのみ論じられるべきだと考えます。

発動コストに関しては、「ライフを特定の数値(ここでは1500以上のコストについてのみ指します。)」「ライフを半分」「手札を一枚捨てる」「二枚捨てる」「(一枚以上)全部捨てる」などがありますが、この中で問題になるのは「手札を二枚すてる」「手札を(一枚以上)全部捨てる」「ライフを特定数値支払う」と言う事だけです。

「手札を一枚捨てる」のであれば、「サンダー・ドラゴン」を使ったりして補うことも出来ます。また、死に札の活用にも使えます。「特定数値のライフを支払う」に関しては、ライフをノーコストで回復する手段が乏しい遊戯王において、そのコストは大抵が手札になり、それでも回復に関して、相手に左右されないような強力なものが無い以上、これが支払えない可能性が出てくると言えます。但し、支払えなくなる前に使用をしたいという場合は、この限りではありません。

「発動必要条件」に関しては、序盤〜中盤にその条件が満たせない可能性の高いものに関しては減らすという選択も当然必要になってくると思います。【※3】ですが、逆に特定の条件を満たした「場面・瞬間」のみでしか動かないのであれば、大胆に入れて、使用できるタイミングを増やすべきだとも考えます。

この辺りは明確なガイドラインが出ないのは当然といえば当然ですが、やはり私は三枚入れられるべきカードは三枚入れるべきだと思います。

・答えは載ってますけど、間違ってたらごめんね。

問一
※1の「可能性」が指す意味を四十五文字以内
(句読点を含む)で要約せよ。

問二
※2の漢字の読みと、それの意味を答えよ。

問三
※3で「序盤〜中盤にその条件が満たせない可能性の高いものに関しては減らすという選択も当然必要になってくると思います。」とあるが、減らさないという選択肢をとる場合、どのようなことをすれば良いか。四十文字以内で本文から抜き出して解答すること。

筆者的模範解答はこの記事の下の記事の続きの欄にあります。
遊戯王 | 03:08 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 03:08 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://byakuren.jugem.jp/trackback/188
トラックバック
2006/03/19 3:42 AM
遊戯王 白蓮さんからの宿題に悪戦苦闘中。 自分のデッキ構築のスタイルは分かんないしデッキに投入する枚数の決定の方法も分かんない汗 40枚デッキに入っている2枚のカードを10ターン目(15枚)までに引く確率 私の計算では約62% 40枚デッキに入っている2枚を
遊戯王プレイヤー55の人生涙色日記