スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< はじめてのしゃみせん他。 | トップ | 今日の血液型選手権。(皮肉) >>
考察記事:「天使の施し」
天使の施し 【通常魔法】
デッキからカードを3枚ドローし、その後手札からカードを2枚捨てる。


なぜこんなカードを考察するのか。
−使い方を見れば人となりが分かってしまうカードだからです。

1.まずは基本スペックとか。
コラム書くならちゃんと勉強してますよ♪

一応ですけど。天使の施しって墓地に置くのが先か、捨てるカードが先かご存知ですか?一応今のところ「クイズ」を使うわけでもなければ、意味は無いのですが捨てるカードが先です。勿論捨てるカードはどっちを上にするか下にするかは選択できます。

2.何時使うのが正解か。
私の答えはデッキによるです。スタンダードデッキなら持っている方が良い場合が多いです。ただ相手が「マインドクラッシュ」を使っている場合は、大人しく使った方が安全です。コンボデッキなら何も考えずにすぐ使うべきです。

「E・HERO エアーマン」が手札にある場合で、「天使の施し」を打つかどうかですが、基本的にエアーマンの効果を優先した方が無難です。ただ「サイバー・ドラゴン」の効果で出せるような状況下では、狙うのもありです。ここはデッキの枚数と、中に入っている「HERO」の数を考えて適切に使っていきましょう。これはガジェットデッキでも同様です。特にガジェットの場合は見られているガジェットを意識した方が良いでしょう。

3.何を捨てるか。
まず考慮するべきファクターは、相手に手札の情報を与えているか否かです。
もし前のターンに「押収」や「ダストシュート」を使われていた場合、見られたカードから切っていった方が良いです。「ダストシュート」が入っていれば「マインドクラッシュ」が入っている事が予想できるので、引いたカードが良くなくても見られたカードを切っておいた方が相手に対するプレッシャーになりますし、駆け引きの面でも良いでしょう。

4.捨てたカードを読む。読み誤らせる。
「天使の施し」から暗黒界に繋がるのは王道ですから、一般的には暗黒界モンスターを捨てられるだけ捨てるのが定石です。しかし面白いのは手札の暗黒界をキープする。という戦術です。特にこれで手札を一枚キープできれば、相手の「押収」や「魂を削る死霊」で相手に一泡吹かせる事が出来ます。「暗黒界の雷」が多く入っている暗黒界でしたら必要な戦術といえます。

読みは、どういうカードが入っているか。というところから相手のデッキタイプを推察する事です。これはどれだけデッキタイプを知っているかと言う点が物をいう場面です。また「王宮のお触れ」を捨ててきた場合、手札に有る可能性が高いです。これは「王宮のお触れ」だけでなく、一枚以上あっても意味の無い永続系カード全てに言える事です。自分にとって厳しいカードでしたらエンドサイクで潰すのが良いです。これはもちろん逆に読ませて、例えば「大嵐」辺りをセットして次のターンで安全に伏せるということもできます。

5.まとめ
捨てるカードからどれだけの情報を得られるか、或いは相手に与えるかを考えて臨機応変に使うのがこのカードの面白いところです。ただ自分が必要なカードを手札に残していらないカードや墓地に捨てたいカードを捨てるというだけではもったいないカードです。
遊戯王 | 08:57 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 08:57 | - | -
コメント
突然の書き込みですみません。
最後のまとめに書いてある、
「〜だけではもったいないカード」というフレーズ、
とてもいい言葉だと思ったので
しっかり頭に刻んでおきます^^
| 晴れクリボー | 2006/12/27 1:21 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://byakuren.jugem.jp/trackback/547